便秘について


HOME > 便秘について

便秘について

便秘でお悩みの方も多いですね~!

女性の多くは多かれ少なかれ便秘の問題を抱えておられますね!

便秘にも種類があるのをご存じですか?

その種類ですが大まかには

○弛緩性便秘
大腸の筋肉がゆるみ、蠕動運動が活発に行われないために、便がスムーズに流れず、長時間腸内に便が滞留したために便の水分が腸壁から吸収され、便が硬くなり、排便しずらくなり、そして便秘となってしまう便秘です。

○痙攣性便秘
精神的ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、大腸の筋肉が緊張し、痙攣を起こし、便(大便・糞)が排便しづらくなる便秘です。

○習慣性便秘
便意を感じたときに我慢するなどし、それが習慣化し、直腸の神経が鈍くなり、S字結腸から直腸にかけて便が長時間滞留したために、便の水分が吸収され便が硬くなり、排便しづらくなる便秘です。

この三つの分類以外に、”機能性便秘;腸(大腸)そのものには異常がないが、腸(大腸)の機能低下や異常がある場合に起こる便秘、上記の三つの便秘はどれもこのタイプの便秘です。”と”器質性便秘;大腸に病気(疾患)があり、大腸の正常な働きができなくなったり、腸管が狭くなったり、または元々大腸の形質異常などによって、便(大便・糞)が通りづらい、排便がスムーズにできない便秘”を鑑別しなければいけません!

まず、器質性便秘は整体院などの施術では改善の見込みがなく、重篤な症状の場合は大変危険ですので必ず病院での診察が必要です。

機能性便秘はどのタイプの便秘でも自律神経が深く関係しますので、オステオパシーの施術が大変効果的です。

なぜなら上記3つの機能性便秘のどれもが腸の動きが悪くなったり異常になったりしてなる便秘であって、その腸の動きをコントロールするのは「自律神経」だからです!

ですので骨盤隔膜(骨盤底筋)の開放から始めるオステオパシーの全身調整で大幅な改善が見込めます!

また、便秘を長期間改善しないでおくと、「大腸がん」の原因になることも分かってきておりますので、早期の改善をしましょう!

また、市販の便秘薬を常用される方も多いですが、薬が悪いわけではありませんし、あまりにも便秘がひどい時は薬を積極的に使うべきですが、常用しますと多くの便秘薬に使われている「センナ」という成分が腸の粘膜を破壊していきます。

センナは自然の生薬だから大丈夫とよく言いますが、生薬でも副作用はありますので便秘薬の長期の常用は避けるべきです。

腸の粘膜が破壊されると、改善しない便秘になる可能性がありますよ!

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。