頚性神経筋症候群


HOME > 頚性神経筋症候群

頚性神経筋症候群

頭痛やめまい、疲労が慢性的に続く「頚性神経筋症候群」は首の後ろにある筋肉の異常によって引き起こされる病気です。

慢性疲労症候群、むち打ち症、めまい、頭痛、うつ状態、パニック症候群、ストレス症候群、自律神経失調症、更年期障害の原因の約60%がこの「頚性神経筋症候群」によって引き起こされていると、最近の研究では言われています。

一つだけの症状ではなく、複数の疾患を合併している場合が大多数のようです。

頭痛や微熱、体がだるい、やる気が出ないなどの不定愁訴にも似た症状が多いため診断されるまでに時間がかかり、複数の病院で受診を繰り返す患者さんも多いそうです。

「頚性神経筋症候群」の診断では、問診、MRIなどの画像診断、平衡機能、瞳孔検査、頚部筋肉の触診による緊張や圧痛がどの程度であるかで判断します。

この診断のうち、MRI以外は施術院でも出来る検査です。

実際、大宮整体院で行う自律神経と脳機能の検査はこの「頚性神経筋症候群」の検査と同じです。

全脊椎の側弯症を含む変形性頚椎症、頸部椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症を合併していることも多いようです。

施術としては、頸部筋肉の緊張と圧痛を緩和する必要があります。この緊張と圧痛の緩和はオステオパシー施術が最も得意とする部分です。大宮整体院では、主にカウンターストレインと筋膜リリースというテクニックを用いてこの緊張と圧痛の緩和を行います。

施術が奏功すると頭痛、めまいなど多くの症状が劇的に改善することが知られています。

○頚性神経筋症候群の問診項目

1.頭が痛い、頭が重い
2.首が痛い、首がこる
3.肩が張る、肩がこる
4.かぜをひきやすい
5.めまいやふらつきがある
6.振り向いたときや歩行中に不安定感がある
7.吐き気がある
8.夜、寝つきが悪い。途中で目覚める
9.血圧が不安定
10.温かい場所に長時間いられない
11.異常に汗をかく
12.静かにしていても心臓がドキドキする。動悸がする
13.目が見えにくい、ぼやける
14.目が疲れる、目を開けていられない
15.まぶしい、目の奥が痛い
16.目が乾燥する、涙が出やすい
17.唾液が出やすい、出過ぎる
18.微熱が出る
19.胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある
20.だるくて横になりたくなる
21.疲れやすい、全身に倦怠感がある
22.やる気が出ない
23.天気が悪い日やその前日は症状が強い
24.気分が落ち込む
25.集中力が出ない
26.不安感
27.イライラする
28.根気が出ず仕事に影響が出る
29.のぼせ、手足の冷え、しびれ
30.胸の痛み、圧迫感、しびれ

※該当する項目が5つ以上で施術の適用、10以上なら要施術、17以上は最重症

以上の30項目のうち、5項目以上当てはまると「頚性神経筋症候群」の可能性がございます。

この「頚性神経筋症候群」は上記のとおり、頸部の調整で症状が劇的に改善することが多いです。

大宮整体院では、この問診以外に自律神経と脳機能の検査を行い、施術院で出来る限りの状態の把握をしてから施術を行います。

「頚性神経筋症候群」を長く放っておくと、やる気がなくなり時間を無駄に過ごしてしまう可能性や脳機能の低下により日常生活に支障をきたす可能性があります。

大事な時間を無駄にしないためにも、思い当たる方は早期の受診をしていただければと切に願っております。

■自律神経失調症とは?>>自律神経失調症について詳しくはこちら

■自律神経失調症の症状は?>>自律神経失調症の症状はこちら

■自律神経失調症の原因は?>>自律神経失調症の原因はこちら

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。