自律神経失調症の原因


HOME > 自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因

自律神経についての解説

大宮整体院は体の歪みを整えて自律神経を調整することをメインにしている整体院なのですが、 ではまず自律神経ってどんなものなのでしょうか?

まず自律神経失調症の前に基本的な自律神経についてお話します。

自律神経とは脳の視床下部に中枢がある(ということは自律神経を支配しているのは「脳」です!) 体の様々な機能を無意識の内にコントロールしている神経です。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の二種類があります!

具体的には、「覚醒」と「睡眠」、呼吸、心臓の拍動、内臓の働き(消化や排便など)、 唾液、涙、毛細血管の拡張と収縮、筋肉の無意識下の緊張、瞳孔の拡張と収縮などに関係します。

これらの機能を無意識下に制御しているのが自律神経です。

自律神経失調症の原因についての解説

上記のような役割を身体の中で果たしている、大事な自律神経

なぜバランスが乱れるのでしょうか?

主に原因は3つです!

それは

冷え 疲労 ストレス

この3つが、自律神経を乱す主な原因です。

日常生活で普通にあることですね!

現代人はこの3つの原因から逃れるのは非常に難しいです。

自分で出来る対策は、「お風呂にゆっくり浸かって身体を温める」「早寝早起きをする」「適度に運動する」くらいですね!

もう一つ大事なことは、自律神経は脳の機能にとても関係があります!

なぜなら自律神経の中枢は脳にあるからです!

なので、大宮整体院では施術の際にかならず「自律神経」と「脳機能」の検査をさせていただくのですが、この脳機能は実は姿勢と大変に関係があります。

姿勢が悪くなると顎を前に突き出すような姿勢になりますね?そのときに首と頭蓋骨の境目の所の隙間が減り、脊椎から頭蓋骨まで流れている「脳脊髄液」の流れが阻害されます。

「脳脊髄液」の流れが阻害されると、頭蓋骨の中に流れなくなった「脳脊髄液」が溜まります!

すると頭蓋骨の中で脳が「脳脊髄液」に圧迫されて、脳が正常な働きができなくなり、脳機能の低下という現象を引き起こします。
これを「脳圧亢進」と言います。
>>「脳圧亢進」についてはこちら

なので、自分で出来る対策が限界に来たら整体で自律神経を整えるのが有効です。

>>自律神経失調症の症状はこちらから

最近の研究で、頸の後ろの筋肉が凝ったりして異常な状態になると自律神経が乱れて様々な疾患(慢性疲労症候群、むち打ち症、めまい、頭痛、うつ状態、パニック症候群、ストレス症候群、自律神経失調症、更年期障害)になることが分かってきています
これを「頚性神経筋症候群」と言います。
>>「頚性神経筋症候群」についてはこちら

自律神経失調症が原因の可能性のある疾患

>>肩や首の凝り >>慢性的な腰痛 >>慢性的な頭痛 >>パニック発作  >>不眠症 
>>めまい >>耳鳴り >>メニエール >>過敏性腸症候群  >>便秘 >>ひん尿 
>>冷え症 >>生理痛・生理不順 >>更年期障害  >>高血圧 >>喘息 >>花粉症
>>疲れが取れない(慢性疲労症候群) >>集中力がない >>物忘れがする
>>頚性神経筋症候群 >>脳圧亢進 >>神経症 >>うつ >>胃腸障害 >>乗り物酔い
>>アトピー性皮膚炎 >>乳腺症

自律神経の乱れが関係する可能性のある疾患

>>五十肩 >>膝痛 >>椎間板ヘルニア  >>脊柱管狭窄症 >>坐骨神経痛 >>股関節痛  
>>顎関節症 >>糖尿病 >>痛風 >>パーキンソン病 >>線維筋痛症 >>足のしびれ
>>眼精疲労 | 疲れ目 >>眼の焦点が合わない

その他関連する事項

>>逆子のお灸 >>妊婦さんの施術 >>不妊症 >>捻挫 >>運動能力向上 >>外反母趾

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。