過敏性腸症候群について


HOME > 自律神経の症状 > 過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群について

この疾患は典型的なストレスによる交感神経の亢進している病です。

ストレスや生活習慣の乱れから自律神経の交感神経が過度の亢進をしてしまい、腸の運動がうまくいかなくなる状態です。

便秘と下痢を繰り返す型や緊張すると排便したくなる型、ガスが我慢できない型などがあります。

交感神経の亢進した病なので、自律神経の調整法の「副交感神経反射」の施術が効果的です。

通常筋肉に対するアプローチ(マッサージや指圧、指圧を中心とした整体など)は交感神経のトーンダウンという効果があります!

なぜ筋肉に対するアプローチが副交感神経ではなく交感神経に作用するかと言うと、筋肉には交感神経しかないからです!

ですのでリラクゼーションマッサージでリラックスするのは、副交感神経が活性化するからではなく交感神経の緊張が弛むだけです!

ですのでそれだけではこの症状は軽減するだけで改善の方向には向かっていきません(これはほとんどの症状に言えることですが)。

なのでオステオパシーの調整で副交感神経を活性化さえる事が症状改善には必要です!

ただ、そんなに簡単な疾患ではないので長期的な施術が必要となります。

最初は週に一回、症状が落ち着いたら二週間に一回くらいで良いでしょう。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。