脊柱管狭窄症について


HOME > 自律神経の症状 > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは、椎間板の変性やヘルニアなどの原因により背骨の骨と骨との間が狭くなった状態です。

ただ、狭くなっただけでは痛みや痺れの症状は出ません。

背骨の隙間が狭くなり、背骨の隙間から出ている神経に圧迫を与えると症状が出ます。

具体的な症状としては足の痺れ・腰痛ですが、この脊柱管狭窄症のもっとも特徴的な症状は間歇性ハ行と言って少し歩くと足が痺れて歩けなくなりまた休憩すると症状が軽減して歩けるようになるという症状です。

かなり難しい症状で、医科ではまずは対症療法の鎮痛剤・ブロック注射で最終的には手術という治療になりますが、約50%以上が術後一年半で再発すると言われています。

なぜ再発するのかと言えば簡単で、脊柱管が狭くなる要因(姿勢であったり筋力であったり患部の血行不良であったり)を改善せずに、ただ隙間を拡げるだけだからです。

大宮整体院では、脊柱管狭窄症の施術はまず背骨の間の血流を良くするために身体のバランス調整をして、屈曲牽引で背骨の隙間を拡げる施術を行います。

その後にテーピングや晒で骨盤を固定して施術していきます。

症状が改善するまで、4ヶ月は平均的に掛かります。

最初は週に1~2回、徐々に回数を減らしていきます。

重篤な症状ですので、どうしても改善するまでに日にちがかかりますが、施術の世界では「すぐ治る、何でも治る」は何にも治らない!という言葉がございますので、日にちがかかっても確実に改善していく施術を受けていただきたいと思います。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。