パーキンソン病について


HOME > 自律神経の症状 > パーキンソン病について

パーキンソン病について

パーキンソン病、脳の黒質という部分でドーパミンという物質の伝達が悪くなり様々な運動失調が起きる病気で、現代でも決定的な治療法がない難病です。

自律神経を整えると症状が軽減します。しかし、治癒に至ることはなかなか難しいようです。

では何のために施術するのか?

この場合、パーキンソン病の薬の害について考えてみてください。

パーキンソン病で使われる治療薬は、強力な交感神経刺激薬です。

これはステロイドと同じでどんどん身体に蓄積されていきます。

そして薬というのはだんだん耐性が出来ていくので効果が出にくくなり、薬の量が増えていきます。

どんどん交感神経が刺激されていくわけですから、どんどん免疫力が低下していきます。

いくら薬でパーキンソン病の症状をごまかしてもそれでは別の病気(代表的なものはガンです)になってしまいます。

あるいは、他の病気にならなくてもパーキンソン病が進行してひどい状態になってしまいます。

なので、パーキンソン病における大宮整体院の目標は「自律神経を調整する」により薬の量を減らす(コントロールする)ようにして最小限に交感神経の害を減らすことだと考えます。

だいたい週に一度の施術を根気よくするべきだと思います。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。