生理痛 | 生理不順


HOME > 生理痛 | 生理不順

生理痛 | 生理不順

辛い生理痛や生理不順!

生理痛も生理不順も自律神経や骨盤の歪みが関係します!

まずは生理痛から解説していきます!

生理痛の症状はとても個人差がありますが、

○頭痛;生理の始まる前から始まって数日の間、生理痛として頭痛を訴える人も多いです。 男性に比べて、女性の筋肉は華奢にできているため、とても疲れやすいので、日頃から頭痛を訴えるのは、男性よりも女性の方が圧倒的に多いのです。女性の頭痛の60%は生理と関係していると言われています。 生理のときに頭痛が起こりやすいのは、女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンという物質が、急激に減るためだと言われています。

○腰痛;生理になると腰痛を訴える人もかなり多いです。生理時の腰痛の原因になっているのは、プロスタグランジンというホルモンのせいだと言われています。このホルモンの分泌が多いと、生理痛も重くなると分かっています。

○下痢;生理になると便が緩くなりませんか?ひどい場合には水溶便になるときもありますね。これは何故なのでしょうか。生理の時には、腰痛の原因でも挙げたプロスタグランジンというホルモンが、大量に分泌されます。これは子宮収縮を促すホルモンでもあり、陣痛のような腹痛を起こす原因にもなっています。このホルモンには、子宮以外の血管や臓器を収縮させてしまう働きもあるため、腸も影響を受けて下痢をおこしてしまうのです。

○PMS(月経前症候群);PMSとは月経前症候群のことで、『月経の2週間ないし1週間くらい前から起こり、月経開始と共に消失する、周期性のある一連の身体的、及び精神的症状を示す症候群』とされています。症候群とは、様々な症状の集まりのことを言います。要は、生理の前になると体も精神的にも不調になってしまい、生理が始まると、いつの間にか軽くなる様々な症状のことをいいます。

次に生理不順です。

生理周期とは生理の開始日を1日目とし、次の生理が始まる前日までの日数をいいますが、この日数が25~38日以内であれば、正常な生理周期とされています。生理不順はこの周期より早く生理が来たり、遅く生理が来たりすることを指します。

症状が重症化すると「無月経」という、生理が来なくなる状態になります。

原因はホルモン異常です。

私は過去に施術した患者さんで、「無理なダイエット」「過酷なスポーツ」で「無月経」になった女性をたくさん見てきました!

「無理なダイエット」も「過酷なスポーツ」も、どちらも女性ホルモンの分泌を阻害するものです!

この生理痛も生理不順も、ホルモンの分泌異常と、骨盤内の血流障害が大きな原因になっています。

「子宮内膜症」などの重篤な症状がある場合もありますので、専門医の診察も大切ですが、ホルモンの分泌異常は自律神経と脳機能の活性化で改善します。またオステオパシーの「骨盤隔膜の開放」を行うと骨盤内の血流が大幅に改善されます。

このように生理痛や生理不順はホルモンを分泌する「自律神経」や「脳機能」、また子宮の状態に影響がある「骨盤内の血流」がとても関係があります。

大宮整体院の「脳機能」と「自律神経」の検査に基づいた「オステオパシー」施術が大変有効です。

生理痛や生理不順でお困りの方は一度ご相談ください。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。