神経症


HOME > 自律神経の症状 > 神経症

神経症

神経症とは脳の器質的疾患を伴わない精神疾患です。

不安神経症や脅迫神経症として呼ばれることもある症状です。

この考え方は現在ではあまり使われないそうです。

それは現代医学で病態が分かってきたからです。

一つは心理的な要因、もう一つは脳内の「セロトニン」という物質の不足で起こることが分かってきています

なので、心理療法や薬物療法もよく効くようです。

しかし、この心理的な原因に関しては近年の研究で頸の後ろの筋肉の異常によって起きる「頚性神経筋症候群」が関係していることが分かってきています。
>> 頚性神経筋症候群について詳しくはこちら

また、セロトニン不足はうつ病でも関連が分かっているのですが、これも脳機能の活性化も有効です。

セロトニン不足については、専門医による薬物療法や日光を浴びる&運動する(どちらも脳内でセロトニンが分泌されます。)

そして、脳機能の活性化が有効です

脳機能低下の原因→ >> 脳圧亢進について詳しくはこちら

なかなかこういう問題は他の人には分かってもらえない悩みですので、自律神経と脳機能の専門家、大宮整体院にお気軽にご相談ください。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。