うつ病


HOME > うつ病

うつ病

うつ病の原因はホルモン異常でした!!!

うつ病の原因は遺伝的な素因を持っている人が、いろいろなストレス(仕事、人間関係、肉体疲労などなど)が原因で、脳内のセロトニン量が減少して発症すると言われています!

症状は抑うつ気分や不安・焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを訴える方が多いですね!

うつ病は「脳の風邪」と言われることもあり、誰が罹患してもおかしくない今や国民病とも言うべき一般的な病です!

しかし、脳内のセロトニンが不足しているストレス病なら、ゆっくり休息して、薬物療法で脳内のセロトニン量を増やせば良くなる筈ですが、なかなかそうはいかない患者さんが多いです!

それはなぜかと言いますと、まずセロトニンは脳ではわずか5%しか作られず、その大半の95%は腸で作られるホルモンだからです!

薬でいくら脳内のセロトニン量を増やしても、腸でセロトニンが作られるようにしなければ、改善しないということですね!

そして、実はうつ病には「セロトニン」以外にも重要なホルモンや体の状態があります!

一つは"血糖"!

意外かも知れませんが、血糖値が安定しないと強烈な疲労感に襲われ、精神状態も不安定になり「うつ病」の症状が発症します!

セロトニンの大半が腸で作られることを考えても、合理的な理由ではないでしょうか?

そしてこの血糖値の不安定の原因になるのが副腎で産生される「コルチゾール」というホルモンです!

コルチゾールが足りなくなる、と言うことも重大ですが、コルチゾールというホルモンは一日の中で朝にたくさん分泌されて夜になったら少なくなる、という日内リズムがあります!

このリズムが崩れると、全身の代謝が悪くなり、腸の働きも落ちて腸内でのセロトニン産生が低下して「うつ病」が発症するのではないか?と大宮整体院では考えています!

実際、この考え方の施術で効果が上がっております

ですから大宮整体院では「うつ病」専門外来を始めることになりました!

うつ病専門外来

一般的に「うつ病」の治療は、薬物による脳内のセロトニン量を増やすことをしていきます

しかし、なかなか薬で効果が上がらなかったり、薬の強い副作用に苦しむ患者さんが多いです!

副作用の強い薬物療法以外で、脳内のセロトニンの不足を補う方法として

○日光浴

○軽い運動(ウオーキングが非常に良いです)

○感動の涙を流す

などがあります。

特にウオーキングは「ウツは歩いて治せ」という言葉があるくらい有効です。

大宮整体院では、全身機能の活性化のオステオパシーと、徹底した生活改善により「うつ病」の早期改善のお手伝いをします!
専門外来を始めるにあたって役に立ったのが副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)の理論です!
>> 副腎疲労(アドレナル・ファティーグ)について詳しくはこちら

また脳内物質のセロトニンの不足が原因ということは脳機能の低下が根本にあります。

脳機能低下の原因→ >> 脳圧亢進について詳しくはこちら

なかなかうつ病の苦しさは他の人には分かってもらえないので、自律神経と脳機能の専門家、大宮整体院にお気軽にご相談ください。

コラム”うつ病は首を揉んでも治らない!”

大宮整体院のホームページにも「頚性神経筋症候群」のページがあります。
首の筋肉の異常が「うつ病」の原因になる!というあくまでも仮説です!

ですが「自律神経失調症」の判断基準としては優れていますが、首のこりから「うつ病」が発症するとは思えません。

実際首のマッサージで「うつ病」が悪化している例が多数報告されております。

受けているマッサージが強すぎる可能性はありますが、「うつ病」の病理学を考えると、「頚性神経筋症候群」で「うつ病」になるとはどうしても考えられません。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。