坐骨神経痛について


HOME > 自律神経の症状 > 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは、何らかの原因によって腰から出る坐骨神経が過度に興奮して神経に沿って痛くなる疾患です。

坐骨神経痛の原因は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群・中臀筋小臀筋の筋膜損傷(トリガーポイント)・冷え・疲労・ストレスです。

この内梨状筋症候群とは、臀部にある梨状筋という筋肉が座骨神経を圧迫して坐骨神経痛を起こす疾患です。

これは坐骨神経が梨状筋という筋肉の隙間を通っているために起こる疾患で、この梨状筋の異常はおおよそ80%の人に先天的にある言われています。

また、医科で坐骨神経痛の原因が椎間板ヘルニアだと言われることが多いですが実際には椎間板ヘルニアと診断される患者さんの80%以上は中臀筋小臀筋の筋膜損傷(トリガーポイント)が原因です。

以上のように坐骨神経痛になる原因は様々です。

原因が椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の場合はそれぞれ

>>「椎間板ヘルニア」はこちらから

>>「椎間板狭窄症」はこちらから

のページをご覧ください。

それ以外の坐骨神経痛は筋膜の調整と自律神経の調整(血流を改善するため)で、2~3回で改善します。

受付時間と休診日


受付時間;午前10時~午後9時*最終施術8時~(完全予約制、当日予約O.K.です。)

休診日;不定休(トップページのカレンダーでご確認ください。)

>>「受付時間と休診日」詳しくはこちらから

大宮整体院

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop




大宮整体院 住所:〒530-0035大阪府大阪市北区同心2-5-20森下ビル201 電話:06-4792-7339


HOME - 施術内容 - 料金 - 患者さんの声 - 当院のご案内 - ご予約・ご相談

プロフィール - プライバシーポリシー - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。